京都観光写真散歩(公式ブログ)

定番の人気おすすめ京都観光スポットから隠れた穴場の名所までをご紹介!

東山の佃煮店やよい本店のカフェのじゃこ粥(朝ご飯)はちりめん山椒やおばんざいが付く京都らしい人気グルメ

 

スポンサードリンク

京佃煮のお店『やよい本店』は八坂神社の南楼門から南へ徒歩2分ほど、人気観光エリア東山にあります。今日はお店に併設されたカフェレストランで平日の朝限定で提供されている『じゃこ粥』を楽しんでから東山散策へと出かけることに!お店には開店の10時少し前に到着しました。和風の落ち着いた建物からはいかにも京都の佃煮店という雰囲気が漂います。

20160606-01

軒先に掛かる暖簾にはやよいの名物とも言える『ちりめん山椒』の文字が・・・。この後楽しむじゃこ粥も、このちりめん山椒がたっぷりと付いてきます。暖簾を見てワクワクしているうちに10時になり開店、店内へと入りました。

20160606-02

店内には佃煮が種類豊富に並べられています。やよい本店は人気観光エリアの東山にあるということで、京都土産を買い求める観光客に大人気!お店はいつも賑わいをみせています。この売り場の奥のはなれにカフェがあり、店員さんに案内されて向かいました。

20160606-03

細い通路を通り、奥のはなれのカフェへ。和の雰囲気いっぱいの売り場とは違い、カフェは和風の要素は残しつつもモダンな印象・・・。テーブルや椅子、照明は北欧家具デザイナーによるもので、木のぬくもりを感じるゆったり落ち着いた空間です!

20160606-04

壁にディスプレイされた小物ももちろん北欧ブランドのもの!カフェを利用される際にはぜひ家具や小物にも注目してみてください。京都の佃煮店の奥に北欧の息吹を感じるカフェがあるなんて驚きですね!

20160606-05

前日にじゃこ粥の予約を入れていましたので、席に着いてから10分ほどでお目当てのじゃこ粥が運ばれてきました。じゃこ粥は平日の朝10時から11時まで提供されている限定メニューで、前日までに予約が必要です。お粥におじゃこ(ちりめん山椒)、おばんざい(お惣菜)に生姜餡の汁物、香の物まで付いてお値段が620円と大変お得!ちりめん山椒は昔から京都の家庭で作られていた常備菜・・・。じゃこ粥はいかにも京都らしい朝メニューで、京都観光の際の朝食におすすめです!

20160606-06

ちりめんじゃこは九州、四国産の良質のもの、実山椒は兵庫県丹波地方の柔らかいものを厳し、手間ひまかけてじっくりと手作業で作られています。これをお粥にたっぷりと乗せてさっそく頂くことに・・・。

20160606-07

お粥に使用されているお米は滋賀県産の近江米です。お米のひと粒ひと粒がふっくらと柔らかく炊きあげられており、やさしいお味のちりめん山椒との相性はぴったり!山椒の効かせ方が絶妙です。その他のおばんざいや生姜餡の汁物もいかにも京都らしい、やさしい味わいです。

20160606-08

食後のスイーツとして、山椒と抹茶を使用した『おうす山椒ケーキ』も楽しみ、元気のチャージ終了!東山散策へ出かけることに。お店の前の下河原通りを南へと歩き、石塀小路方面へ向かいました。梅雨入りして雲が多いものの晴れ間もあって、絶好の散策日和!

20160606-09

下河原通りから石塀小路へと入ると、そこはひっそりと静かな世界・・・。石畳の道に料亭などが建ち並び、いかにも京都らしい風情が漂います。石塀小路は京都で人気の写真スポットのひとつで、今日は和傘を差した着物の女性の姿もありました。近年、京都では着物のレンタルショップが増えています。和装で京都観光を楽しむのも良いですね!

20160606-10

石塀小路からねねの道へと抜けました。ねねの道沿いには人気の寺院、高台寺や甘味処(和カフェ)もあり、多くの観光客で賑わいます。ねねの道からさらに足を延ばし、二年坂、三年坂のある清水寺方面へと向かうことにしました。

20160606-11

二年坂を上がっていき、ふと振り返ると多くの人が!修学旅行生の姿も多く見受けられました。また外国人観光客も多く、京都らしい風情いっぱいの二年坂を楽しんでいるようでした。こちらの二年坂には和雑貨のお店や甘味処、飲食店などが建ち並んでいます。

20160606-12

二年坂から三年坂に入り、三年坂沿いのお店を見て歩いた後、八坂の塔のある八坂通りを通って祇園方面へと戻ることにしました。八坂の塔は東山、祇園エリアのシンボル的存在の五重塔で、その美しいシルエットにはいつも魅了されてしまいます。八坂の塔周辺にはおしゃれなカフェがいくつもあるので、今度の散策の時には入ってみよう、そんなことを思いながら今日の東山散策を終えました。

20160606-13

やよい本店のカフェで楽しむ京都らしい朝ご飯、じゃこ粥。京都観光の際にはぜひその味わいを楽しんでみてください。またカフェでは『おじゃこパスタ』など、ランチにぴったりなフードメニューも楽しめます。また、今日頂いたおうすの山椒ケーキの他にもスイーツメニューが揃っていますので、東山散策の際にはぜひ利用してみてください。京都らしさに出会えること間違いなしです!

【やよい本店(カフェレストランやよい)】
住所:京都市東山区祇園下河原清井481
電話:075-531-8317
時間:10:00~18:00
休み:水曜日
交通:京阪祇園四条駅徒歩15分

 - グルメ

スポンサードリンク

  関連記事

宇治を代表するグルメといえば香り豊かな茶だんごに茶そば

歴史ある宇治橋(日本三大古橋の一つ)から宇治川を見わたすと、あまりにも少ない水量 …

三条会商店街にある和食店の碓屋の人気ランチメニューはうなぎのまぜご飯とたっぷりおかずが詰まった重箱入りのう飯重

三条会商店街は東西約800メートル、180店舗ものお店が軒を連ねる京都最大のアー …

貴船にある料理旅館ひろ文の川床で流しそうめんを堪能!涼を感じる風流なグルメに大満足

京都の奥座敷、貴船。夏期になると貴船川沿いの料理屋さんでは川床にて料理を提供し、 …

宇治の中村藤吉本店の期間限定メニューであるきつね夏ランチのうどんセットは抹茶スイーツも付いて大人気

JR宇治駅からほど近い、観光客にも大人気の宇治茶の老舗『中村藤吉本店』のカフェで …

高辻通りにあるとろさば料理専門店(SABAR京都烏丸店)で1日限定5食のランチ&脂が旨いしめさばを堪能

天気予報では台風が接近の見込みで朝から雨が降っていました。そんな予報にもめげず京 …

西陣でランチをするなら鳥岩楼(鳥料理専門店)の名物である親子丼がおすすめ

絹織物の西陣織の発祥の地であり、京町家が現在でもたくさん残る西陣。その西陣にある …

四条河原町近くにある権太呂本店のふわとろ卵と出汁が自慢の名物けいらんうどんは京都の冬の定番グルメ

すっかりと秋めいてきて朝晩の寒さが日に日に増してきました。寒くなってくると温かい …

東華菜館洛北店のランチ(三鮮麺)に引き続き加茂みたらし茶屋で名物のみたらし団子を堪能

東華菜館本店(四条河原町の人気中華料理店)にない単品の麺メニューを求めて洛北店へ …

東山七条付近にある清水一芳園のカフェ(茶処一祥)で提供されている天然まぐろ丼は1日20食のみの限定メニュー

日に日に秋の気配が深まってきました。秋になると、食欲の秋ということでガツンとおい …

祇園名物として親しまれている壹錢洋食(お好み焼き)は甘辛のソースが癖になる京都を代表するB級グルメ

昨晩からの冷たい雨の影響で今日はかなり寒くなりました。このような雨の日の四条大橋 …