京都観光写真散歩(公式ブログ)

定番の人気おすすめ京都観光スポットから隠れた穴場の名所までをご紹介!

映画撮影にも使われる伏見桃山城運動公園のお城は2003年に閉園したキャッスルランドのシンボル的な摸擬天守

 

スポンサードリンク

今日は伏見区にある『伏見桃山城運動公園』を散策することにしました。お昼前に到着した時にはすでに暑かったのですが、抜けるような青空とカラリとした爽やかな空気に気分は高まります!伏見桃山運動公園の南側にある、元は『伏見桃山城キャッスルランド』の入口だった門(模擬大手門)から入園することにしました。

20160513-01

伏見桃山城キャッスルランドは昭和39年(1964年)に開園した遊園地で、平成15年(2003年)に閉園となりました。そしてその跡地に誕生したのが伏見桃山城運動公園です。敷地面積は約9万平方メートルもあります。

20160513-02

模擬大手門を抜けると目の前には伏見桃山城の模擬天守閣(右)と模擬小天守閣(左)が!こちらは伏見桃山城キャッスルランドの目玉施設として建てられたお城です。歴史上の伏見桃山城とは全く別の模擬天守閣ではありますが、近くで見ると迫力があります!伏見桃山城キャッスルランドが閉園する際に取り壊される予定でしたが、京都府民の要望により伏見桃山城運動公園が引き継ぐことが決定し、今では伏見のシンボルともいえる存在で観光客にも人気があります。実際の伏見桃山城は現在では残っていませんが、ここから近くにある明治天皇陵の場所に本丸がありました。

20160513-03

模擬天守閣は映画の撮影に利用されたことがありますが、耐震性の問題から現在は中に入ることはできません。さらに近くまで来て見上げるとまるで実際のお城のようで、映画の撮影に使われたのも納得!石垣もスケールが大きく立派です。なお、実際の伏見桃山城の石垣の残石は同じく伏見にある御香宮神社などに現在でも残されています。

20160513-04

ここで昔存在した伏見桃山城の歴史を簡単に・・・。伏見桃山城は豊臣秀吉が晩年を過ごすために建てた城で、地震や戦争による消失で3度に渡って築城、改修がなされましたが、徳川三代将軍家光の頃に廃城となりました。伏見地区には現在でも豊臣秀吉の時代を感じさせる地名がたくさん残されています。(羽柴長吉町、毛利長門町、島津町など)京都観光の際には地名と歴史の関係を調べてみるのも良いですね!

20160513-05

お城の周りも歩いてみました。緑が多く、ベンチもあるので休憩にはぴったりです。ベンチで本を読んでいる人、楽しくおしゃべりをしている人の姿もありました。伏見桃山城運動公園は京都府民にとって憩いの場です。今日は天気も良かったので新緑が輝いて見えました。

20160513-06

お城の周りを歩いた後は、伏見桃山城運動公園の北側に抜けることにしました。公園の新緑を楽しみながら歩いていると、にぎやかな子供達の声が・・・。幼稚園生が遠足に来ていたようで、木陰でお弁当を食べたり、元気に走り回っていたりしていました。緑の多い公園で食べるお弁当は最高においしいでしょうね!次回はお弁当を持参して園内を散歩しようと思います。

20160513-07

平日の昼間だったためか、人は少なめで公園内はとても静かでした。青空と新緑の緑をちょっとだけ独占した気分・・・。とてもリフレッシュできました。ここで小腹が空いてきたので、公園から車で10分ほどのところにある和菓子店『伊藤軒』へと移動することに・・・。

20160513-08

伊藤軒は江戸時代末期創業の歴史ある和菓子店です。2015年に商品販売ショップとカフェがひとつになった『菓寮伊藤軒』がオープン、大変な人気を誇っています。到着した時には駐車場は満車に近い状態で、店内には多くの人で賑わっていました。

20160513-09

カフェに入ろうとしたところ、ランチタイムとあってかカフェは満席。待ち時間の間に商品販売コーナーを見てまわることにしました。伊藤軒ではおかき類や飴、おまんじゅうなど様々なお菓子が種類豊富に販売されています。また、ケーキなどの洋菓子も販売されており、和と洋の垣根を越えたお菓子にたくさん出会えるお店です。

20160513-10

順番が来て、カフェの中の窓際の席へと案内されました。窓からは和の雰囲気が漂いどこかモダンな印象もある庭が見えていました。カフェではスイーツの他にランチタイムには旬の野菜をたっぷりと使った食事メニューなども提供されています。また、ショップに並んでいるお菓子類はドリンクを注文するか、食事メニューと一緒であればカフェでイートインできるため、今回はショップのショーケースに並んでいた『抹茶クリームどら』をイートインすることに・・・。

20160513-11

抹茶クリームどらは、どら焼きの生地に抹茶クリームがたっぷりとサンドされています。抹茶のクリームの抹茶は宇治抹茶を使用、抹茶のうまみやほろ苦さが活かされ、さすが和菓子店の手掛ける和スイーツという感じです。他にもプリンがサンドされた『プリンどら』もあります。カフェでほっこりと休憩した後は家路につくことにし、今日の散策を終えました。

20160513-12

一度は取り壊しが決定したものの、地元京都府民の要望によって存続が決まった伏見桃山城運動公園のお城。模擬の建造物とはいえ映画の撮影に使われるほどリアリティーにあふれています。公園内は無料ですので京都観光の際にはぜひご覧になってみてください。また、伏見桃山城運動公園にはお城の他にも野球場や多目的グランドが、また隣接した伏見北堀公園にはテニスコートなどがありますので、こちらも合わせてぜひチェックしてみてください。

 - 公園

スポンサードリンク

  関連記事

関連記事はありませんでした